こころからだしなやかに


by pconobuko

お見舞いお便りが

知人の方からお見舞いお便りが届きました。
「喉を傷めておられるそうですがくれぐれも気を付けてください。
自分の経験から喉は休めるのが一番・・・・・」
f0208760_139247.jpg

わたしは喉を傷めていないし誰にもそんな話をしていない。
わざわざ封書でのお見舞いお便りです。
今、思案をしています。
1 何かの間違いですか、わたしは喉を傷めていません。
2 それとも「ありがとうございます。気をつけます。」
とお返事すればいいのか?
1で送れば相手はまた「間違えてすみませんでした。」と返書しなければならないのか。

[PR]
by pconobuko | 2011-10-12 13:15 | パソコン練習