こころからだしなやかに


by pconobuko

芸は身を助ける

先日 夕方KIさんの家へ寄った。
夕飯の準備中。間もなく「竹の子ごはん」ができあがる。
ちょつと待ってと言われた。お茶を飲んで待っていた。
f0208760_16525520.jpg

・竹の子ごはん
・竹の子と野菜の煮物
・ほたるいか
を準備され、と我が家の夕食にすぐ間に合いました。
KIさんはもともと足に持病がある。この時期の忙しさで足を痛そうにしておられた。
お礼の意味もあり足マッサージを少して上げました。
終えたら足が楽になったと言われ、すっすっと歩かれた。

[PR]
by pconobuko | 2012-05-08 16:57 | 食べ物