こころからだしなやかに


by pconobuko

美味しい話と痛い話

先日は庄川の鮎を食べに行った。
f0208760_182189.jpg

親戚のお招きです。一度は行きたいと思っていました。
f0208760_18221074.jpg

鮎尽くしのご膳と鮎の塩焼き。大きな皿に大盛り。写真を撮るのも忘れて食べました。気がついたら
皿はさみしい状況でした。5匹くらいは美味しかったのですが食べても食べても皿が更に減りません。
お腹はアユ腹になりました。
f0208760_18252626.jpg

庄川の上流はひろびろと夏の雲がぽっかり浮いています。
次に痛い話。
一昨日突然右膝が痛くなりました。昨日は月に一度のk鍼灸院へ行く日。
「昨日から急に右ひざが痛くなりました。痛いところもないのに来るのも悪いと思って痛いところを
作ってきました。」K先生は「そう言いながら来る人多いですよ。」
足と頭に針を打ち、膝の周りを指圧されました。それといつものように
自宅でする運動を教えて頂いた。お蔭さま、今日はほぼ全快。めでたしめでたし。が、痛いときは
不治の病に冒されたかと思います。

[PR]
by pconobuko | 2012-08-23 18:34 | 食べ物