こころからだしなやかに


by pconobuko

映画「一枚のハガキ」を観る

昨夏、総曲輪の「フオルツア」でこの映画「一枚のハガキ」を上映していた。が、見逃していつか見たいと思っていた。昨日その機会があった。
・大島社会福祉会館・自主上映会・富山医療生活協同組合
f0208760_1517297.jpg

監督 新藤兼人は昨年99歳で亡くなられたがその直前の最後の作品である。
TVでも車いすでこの映画の監督をしている様子がでていた。
第二次世界大戦で引き起こされた戦争の悲劇が描かれている。
が、映画の映像が美しい。山村の風景、日本の風景がよい。
俳優は豊川 悦司、大竹しのぶ、柄本明、倍賞美津子、大杉蓮、津川雅彦
地味な映画だからギャラも少ないだろう。が、監督や映画の中身に共感して出演されたのか。
いい映画に出会って満足しました。満足度100%。

[PR]
by pconobuko | 2013-01-17 15:29 | パソコン練習