こころからだしなやかに


by pconobuko

梅雨気分の玄関と紫蘭

f0208760_1784121.jpg

いつものカエルが登場しました。うしろは多肉植物、世話いらず。
f0208760_179117.jpg

・ 雨近し  大合唱の  夕蛙
蛙の鳴き声が聞えるとこころ休まります。都会の人たちはかわいそう。
f0208760_17133679.jpg

f0208760_1714160.jpg

・ 朝露や  紫蘭の上に  真珠三つ
前夜の雨の滴が葉の上に残り、朝日を浴びて真珠に見えました。
俳句では「露」「朝露」は秋の季語。この時期は使えない。投句するとペケがついて添削されます。

[PR]
by pconobuko | 2013-06-06 17:21 | お花