こころからだしなやかに


by pconobuko

なにがなんだか痛い痛いの飛んでいけ

4日(日)の夕方右手の親指が少し違和感があった。
夕食後の片つけもそこそこに寝る。
夜中に右手親指痛くて目が覚める。それからずっと痛くて眠れない。
朝になってもますます痛い。熱も7度5分、微熱。さて整形外科か
鍼灸院か迷う。鍼灸院に決める。あれこれしてもらう。車のギヤチエンジ
もヤットコスットコ。鍼灸院さんはこの痛みは骨折並みですね。と、痛みを分かってくださる。
手を使うチエロ・フルートはしばらくダメと言われた。が、明後日は弾かねばならない日。
なんとしてでも弾くぞ。
次、内科へ行く。熱は7度が、咳・喉はなんともない。熱は風邪のせいではない。
右手痛かららしい。夕食も手を使わないものを考える。
今朝、右手はまだ腫れている。が、少し痛いが使える。
不思議は昨日なんの予定もない。手が痛くても熱があっても気が楽。
熱は下がり、平常どおり。一晩の地獄。秋晴れにも感謝。
今日はどんどこ働きます。
f0208760_10221686.jpg
大きな米ナスが美味しい。二つで150円、なのはな農協で買う。
果肉が柔らく甘い。油で両面焼いて甘味噌で食べる。
小さなお店は大型スーパーでない良さがある。




[PR]
by pconobuko | 2015-10-06 10:28