こころからだしなやかに


by pconobuko

カテゴリ:お花( 237 )

f0208760_8282039.jpg

今日も秋晴れいい天気。花も精いっぱい生きている。
f0208760_827469.jpg

なのに最近気がついたら、わたしの左手中指の第一関節が曲がっている。痛くて困るほどでは無いが違和感がある。ときには少しだけ痛い。
K鍼灸院で見てもらったら「骨が曲がっている。」と。「でも痛くない。」
と言ったら「そのうち痛くなる。」と言って左手首にお灸をされた。数分後に違和感や痛みが取れた。
指先はまだ曲がっている。自宅で左手首に自分でお灸をしている。お灸は不思議。
f0208760_8364049.jpg

オオセンナリの花です。大きさは3,4cmの紫色の花、夏からずっと咲いている。やがて咲き終わると
ほうづきのような形で残る。そのまま置くとドイフラワーがまた可愛い。

[PR]
by pconobuko | 2014-10-19 08:41 | お花
f0208760_16151219.jpg

絶好のコスモスウオッチング日和です。弁当を買って花を見ながら食べる。
いつものようにヒマ人・夫と。
f0208760_16154218.jpg

以前土日に行ってひどい目にあいました。人出が多くて。ヒマ人は平日に行く。
f0208760_1616249.jpg

山の幸のお買い物も好き。くり・きのこ・柿・芋茎・じゃがいも・・・・・二袋になる。
f0208760_1617361.jpg

帰りはブドウ園へ寄る。なんとブドウ狩りはひとつずつビニール袋に入ったまま取ります。
初めてのことですが。値段は一袋500円くらい。スーパーと変わらない。試食しました。
とても甘かったです。穏やかな日で山の気を吸いこんできました。

[PR]
by pconobuko | 2014-10-10 16:26 | お花

葉鶏頭が骨折とあけび

前夜の雨風で葉鶏頭が折れていた。数ミリしかつながっていない。
そしてぐったり萎れている。ダメモトで名医のくまさんが手当てをしました。
翌朝みるとピンピンシャンシャンしているではないか。
f0208760_1615910.jpg

あまりリアルに撮れていないがピンシャンしているのです。
f0208760_1616482.jpg

ひょろりとしている後ろの葉鶏頭はもう寿命がきています。が、名医のお蔭で
骨折も治りまもなく大きく成長するでしょう。
f0208760_16312778.jpg

氷見の人からアケビをもらいました。先日のムベをくれた人と違います。
このアケビの行方は
・A子さん50代東京生まれ。食べたことも見たこともない。ひとくち食べる。口から種を出せない。
                  吞みこめない。大騒ぎ。要らないという。
・B子さん東北・岩手生まれ。50代、懐かしい、よく食べた。家族も食べる。どんともっていく。
・わたしは懐かしい。が、家族は食べない。2つ3つだけもらう。
このメンバーは今日の音楽セラピー・ピアノトリオ(ひまわり)のメンバーです。

[PR]
by pconobuko | 2014-10-02 16:29 | お花

かまきりと彼岸花

f0208760_17132180.jpg

関東方面に住む友達からお便りがきました。
自分で撮った「彼岸花と蝶々」。近くの墓地で撮ったそうです。
なんとま関東の蝶々はカメラマンに協力的なんでしょう。
f0208760_1716529.jpg

わが庭の彼岸花にもこんな蝶々がいないか庭を探しましたがいませんでした。
部屋の中にカマキリが入ってきました。外へ出そうとつかむとわたしの手を噛みました。
庭へだすとじっとしていたので撮りました。ほんとうは草叢の中がふさわしいけど
触るとまた噛まれそうなので地面の上でそのまま撮りました。10cmくらいの大きさです。
カマキリは時節がら「鎌をかついで稲刈り」に忙しいのでしょうか。

[PR]
by pconobuko | 2014-09-22 17:22 | お花
さわやかの時節になりました。
久しぶりに絵手紙を描きました。
f0208760_15365597.jpg

わたしの絵手紙・彼岸花・いちじく・百日草
描いているとき、近所からいちじくをいただきました。
「わー美味しそう!」「これ絵手紙に描いてから上げます。」一時おあずけして3人で描いてから
食べたのです。
f0208760_15371679.jpg

かめさん・まめさんと描く。
f0208760_15373990.jpg

春に摘んだヨモギを入れて団子を作りました。こまめなくまさんでした。
・三日の餅粉・かんずめあづき・黄な粉
所要時間60分。片つけも入れて。
f0208760_1543677.jpg

f0208760_15432836.jpg

お彼岸近くになるとあちこちに彼岸花が咲き出しています。これはわが庭の彼岸花。
・群れて咲く小さきもあれど彼岸花
・叢わけてここにいるよと彼岸花
・赤きゆえ嫌う人あり彼岸花
・彼岸花眺むる園児川流る(先日の新聞の写真光景)

[PR]
by pconobuko | 2014-09-20 15:48 | お花

酔芙蓉と敬老会

f0208760_8181062.jpg

・待ちし花酔芙蓉咲くただひとつ
f0208760_819208.jpg

・朝に白く夕べに赤く衣替え
同じ花なのにこうも変われるものか。
先日の敬老会へ招かれていく。
米寿・白寿の人たちが表彰され、ひとことインタビューを受けておられました。
「表彰をうけてどうですか?A子さん。」
「ありがとうございます。人は七転び八起といいます。、自分はもう7回
転びました。あと起きるだけです。」と。
「B子さん、表彰を受けていかがですか?」
「大きくなって勉強がんばります。」と。
さてやがて自分はその際、何と答えようか今から考えておきます。

[PR]
by pconobuko | 2014-09-16 08:29 | お花
台風はたいした被害も無く過ぎ去りました。
2,3日涼しい日に一息入れました。人間は一息入れましたが
庭の花や野菜は苦しかったようです。
トマトは雨で甘み薄れ、果肉に亀裂が入り、アバタ面になっています。花は倒れたり
姿・形が乱れまくりです。かわいそうに。
f0208760_15145564.jpg

白いのがダイモンドフロスト、名前がよい。毎年こぼれ種で咲く。
f0208760_1515297.jpg

花スベリヒユは丈が短いから雨風の被害がなし。
f0208760_15155715.jpg

千日紅は孝行娘。毎年、種を蒔くと律儀に庭いっぱいに秋の終わりまで咲く。
f0208760_1517137.jpg

昔からの百日紅は一袋200円くらいの種を蒔く。七色くらいに咲く。これも孝行娘。

[PR]
by pconobuko | 2014-08-11 15:24 | お花
f0208760_16251588.jpg

♪ゆりが咲いたゆりが咲いた白いゆりが
 さみしかったわたしの庭にゆりがさいた・・・♪
カサブランカの百合が咲いてくれました。3輪です。玄関へかざりました。
夕暮れになると妖艶な香りがたちこめます。
♪くまがいさん♪と鳴く迷い鳥
昨日、夕方電話がリリーン
「わたしは〇〇といいます。鳥が迷い込んできました。♪くまがいさん♪と鳴く鳥です。
電話帳を見て「くまがいさん」宅をかけています。
「我が家に鳥は飼っていません。それにしてもごくろうさま。」と言いました。
さて鳥の飼い主は見つかったかな?

[PR]
by pconobuko | 2014-07-24 16:32 | お花

今朝も早起きは〇〇の得

f0208760_12292588.jpg

f0208760_1229445.jpg

朝の5時、カーテンを引く。
・ 梅雨明けやさっとひと掃き飛行雲
見つけたときは細かったのに次第にぶとくなっていきました。
f0208760_12332887.jpg

f0208760_12335092.jpg

f0208760_12341161.jpg

 オシロイバナ誰のために香るのか、それはあなたのためです。
夕方と早朝に咲き、香る。朝の5時、むせかえる白粉の香り。
f0208760_12361144.jpg

 もうワレモコウ ようやく梅雨が去ったのにあなたの出番は秋でしょう。

[PR]
by pconobuko | 2014-07-22 12:37 | お花
昨日(10・火)おとぎの森へばらを見に行く。盛りを過たからバラは少ない。
f0208760_1859146.jpg

f0208760_185922100.jpg

f0208760_18594382.jpg

が、よくお世話をされている。かわって「あじさい」や「ハクチョウ草」が美しい。
f0208760_1905165.jpg

川の土手の「ツバナ」の穂が風に揺れて涼しげです。
 ・雑草と言われしつばな風にゆれ
こどもの頃、ツバナの若い芽と摘んで食べたのです。懐かしい。
暑かったからジュースを飲む。ほんの少しこぼれてカメラにかかった。
作動しなくなり、お店へ持っていく。
代わりに夫のカメラを借りることにする。4月に買ったもの。
ところが充電器や説明書の箱が見つからない。昨日から家中を探す。
今日はカメラ屋へ買いに行きそうになる。もう一日探そう。
昨日から何回も夫に知らないかと聞いても知らいと言う。先ほどもう一度「知らないか?」と尋ねた。
とことこと奥の部屋へ行く。
「きっと、夫は奥の部屋のどこかへ片つけたのだろう?」と。そしたら黙った奥からカメラの箱を持ってくるではないか。腹が立つような立たないよう。

[PR]
by pconobuko | 2014-06-11 19:12 | お花